Doctor Dental

器具の目立たない矯正治療|インビザラインの特徴をチェック

目立たない歯並び矯正

最初にすべて送られる

口元

歯列矯正の治療を受ける時、一般的にはワイヤーを用いる方法が知られています。これは歯の表側に装着するため、どうしても口を開いたときに金属が見えます。インビザラインは、マウスピースを用いた歯列矯正で、みよし市の歯科医院で受けることができます。またマウスピースは透明なので、口を開いたときにも金属のようなものは見えません。ですから、相手に装着していること、治療していることを気づかれません。ワイヤーの場合は一度器具を取付けるとそのまま長期間過ごします。インビザラインでの治療をみよし市のクリニックで行うとき、クリニックでは特に何も行いません。歯のサイズを計測したり、カウンセリングを受けるだけです。またインビザラインの治療をみよし市で行うとき、本格的な治療の開始はマウスピースが到着してからになります。自宅の方に、これから装着していくマウスピースがまとめて送られてきます。どれからつけるかなどが分かるようになっているので、最初につけるマウスピースを装着します。最初にマウスピースを付けるときは少し力がいります。しかし動かした結果がマウスピースになっているので、動かす前の歯並びとは少しずれが生じています。一旦はまると、その後は特に違和感なく過ごせます。インビザラインを行うみよし市のクリニックでは、通院は1箇月に数回です。現状の治療がうまく行っているかなどをチェックしてもらいます。問題が無ければそのまま継続します。

はめるだけで歯並び改善

男性

人と関わる上で重要なのが印象です。これをないがしろにしたら誰とも有効的な関係にはなれません。印象を決定づけるのは第一に外見です。見た目は第一印象に直結します。身なりを熱心に整える人は自分はできる奴だという自負があるかもしれません。ある日そんな人を見かけて声をかけたら、なんと歯の並び方が不規則的、完全に悪いとまではいかなくとも第一印象はいびつなものになってしまうでしょう。ひょっとすると、自覚がないだけでそれは自分にも当てはまるかもしれません。鏡を見て歯並びが変だと感じたら、ひとまずみよし市の歯医者に行ってみましょう。マウスピースで矯正してもらえます。インビザラインという矯正手術です。みよし市のインビザラインでは透明なマウスピースを使うこともあり目立ちません。人は治療している部分があると隠したがります。矯正を見られたくないという人にはうってつけです。加えてインビザラインは負担が軽いです。歯を削ったり金具をはめたりは一切しません。ただマウスピースをはめているだけで歯並びを治していけます。そんなインビザラインがみよし市で受けられます。前述の通りみよし市のインビザラインではマウスピースをはめます。ここで疑問なのが「マウスピースは外してもいいのか」ということです。ずっと付けっぱなしだと食事の時などに盛大に邪魔になります。インビザラインで使うマウスピースは外しても問題ありません。しかし、付けていないことには矯正ができないため、用が済んだあとは速やかに付け治す必要があります。みよし市の歯医者では分からないことは質問すれば親切に答えてくれます。治療を受ける前に疑問はなくしておきましょう。

アライナーは2週間で交換

口元

みよし市の歯科でインビザラインにより矯正治療を行う際は、まず綿密なカウンセリングから始めます。そして現在の歯の状態を診察し、デジタルスキャンやレントゲンなどの方法でデータを採取。得られた3D画像を元に治療計画を作成します。この段階で最終的な歯の位置をシミュレーションし、画面上で確認することが可能です。次に、この治療計画に基づき一人一人に合わせた「アライナー」と呼ばれるマウスピースを作成します。インビザラインの治療で用いるアライナーは、みよし市の歯科医院から送られたデータを元にアライン・テクノロジー社によって作成され、1〜1.5ヶ月後に送られてきます。送られてきたらいよいよインビザライン治療の開始です。最初はアライナーのつけ方・はずし方についてみよし市の歯科医院で丁寧な説明があります。その場で実際に付け外しの練習ができ、注意事項の説明もあるので安心です。アライナーは歯並びの変化に伴い2週間ごとに取り替える必要がありますが、初回装着の際に2回目のアライナーも渡されます。最初のアライナーを2週間使用し、2週間後には2つめのアライナーに変更。そして4週間後には再び医院での診療となります。次の診療の際には歯の状態をチェックし、また新たなアライナーを受け取って治療を続行。みよし市のインビザラインの治療期間は平均2年から2年半程度ですが、これには個人差があります。また、歯並びが戻ってしまうことを防ぐため、治療後に一定期間リテーナーという器具を装着することもあります。